村尾在宅クリニック

TOPICS

在宅医療とは?

2021.05.15

在宅医療とは、患者様のご自宅に医師が訪問し、ご自宅で診察、処方、治療を受ける医療です。

患者さんの思いとご家族の思いからはじまる・・・在宅医療
『我が家に帰りたい』『家族みんなといつも一諸にいたい』『最期の日は我が家で迎えたい』、、、という患者様の思い

『病院に連れて行きたいけど、時間が取れない』『いつもそばで寄り添っていてあげたい』『最期は好きだったこの家で家族みんなで見送ってあげたい』、、、というご家族様の思い

そんな両者の思いを叶える1つの方法に在宅医療があります。
大切な家族の誰かが、病気になり通院できない場合に、病院でなく、自宅などで治療を行うことが在宅医療です。通常病院で行われる入院医療や外来医療に次ぐ第3の医療として、多くの人に受け入れられるようになってきました。

多くの場合、 外来通院が様々な事情で病院に行くのが困難な方や、寝たきりの高齢者の方、回復が難しい障害者の方など通院が困難な方のためのものです。

具体的には、
「免許返納してしまってご自身で行けない。しかし、ご家族は仕事等で忙しく連れていけない」
「タクシーを呼んだとしても、自宅前の階段を降りれない」
「感染等の問題で、病院に行けない、面会ができない」
等です。

通院は難しいけれど自宅で継続して医療を受けたいと思うとき、在宅医療でそれを実現できます。また、がんなどで治癒が困難でお体を患っている場合、多くの方は住み慣れた家に帰りたいと希望するとします。
そのときも、「在宅医療」を利用することで自宅での治療継続ができます 。

月に2回、またはそれ以上の頻度で定期的な訪問診療を行いながらご自宅で過ごすことを可能にします。

また、具合が悪くなった際には、症状をお伺いし24時間体制で緊急の往診を行うことも可能です。

まずはお電話いただき、現在抱えていらっしゃる問題点、解決したい内容をお話しいただければと思います。

SHARE

RECENT POST