村尾在宅クリニック

JOIN US一緒に働きませんか?

Message

全ての人に、“自分だけの生き方”の選択肢を

様々な理由から病院に行きたくても行けない、老々介護の時代の幕開けです。そこには、世界中誰も経験した事のない未曽有の医療展開が必要になってきます。医療技術が進み、入院してできる事のほとんどを在宅で行える時代となりました。地域に寄り添った在宅医療の発展は必須事項であり、かつ需要が増えやりがいの多い業界です。

しかし、24時間365日の対応が必要な在宅医療という分野は「正直きつい」と思われるかもしれません。実際、開院当初に私一人で対応している時は、とてもハードな日々でしたが、3つの取り組みにより仕事の効率化やストレスフリーで高レベルでのパフォーマンスが発揮できる職場になりました。

働き方への取組Challenge

  • 01

    同じ気持ちの仲間が増え、
    オンコール当番を分担

    患者さんの急変時は、一刻一秒を争う緊急事態ですぐに対応する必要があります。在宅医療においても同様で、常に近くにいない分、すぐに対応できるような仕組みづくりが大切です。当院では同じ志を持つ仲間と共に役割分担を行っており、安心して働ける環境を整備しています。

  • 02

    最前線で培った管理術と
    知識の共有

    患者様に常にベストな医療をご提供するためには、知識の共有や連携が大切です。当院では、大学病院や市中病院で培った最前線の知識による管理を行い、どんな時でも安定した生活をお届けできるようカンファレンスや勉強会の実施を行い、知識を共有・発展させ現場へ応用できるような仕組みづくりをおこなっています。

  • 03

    AIやアプリの活用による
    効率化の促進

    当院では、万全の医療サービスを提供するためにAIやアプリケーションを活用した情報共有、業務効率化に積極的に取り組んでいます。診察後は、iPadやiPhoneのマイクに話すだけでカルテが作れるようにしており、移動中であっても効率的に業務を推進できます。これは同時にスタッフ一人一人の負担を減らすことにもつながり、心の余裕のある働き方を実現しています。

患者様と共に、自分達の心も健康に

この3つの取り組みで、on-offのはっきりしたクリニックへと成長できました。土日祝日、夜間は医師だけの対応になりますので、看護師・事務は基本的にフリーになります。医師は、呼び出しがあった場合も考え、オンコール翌日の業務量が調整されています。

働きやすさを重視した
カフェライクなオフィス環境

当院は『働きやすさ』を重視するため、まずは基本となるオフィスにこだわりました。中目黒の有名なカフェをベースに、デザイナーと共に細部にまで手を入れ、室温や音楽、香りなども演出している空間となっております。そこで、ストレスや疲れなく仕事をしてこそ、高いレベルでパフォーマンスを発揮でき、最終的に患者様へ還元できると信じております。

当院に相談すれば何とかしてもらえる。地域の方々に信頼されるクリニックを目指しています。大牟田の在宅医療を支えるためには、若い力が必要です。やる気に満ちて、誠実で在宅医療に興味のある方。ぜひ一緒にお仕事しませんか。お待ちしております。

インタビューStaff Interview

  • 医師

    小出 俊一Shunichi Koide

  • 看護師

    青山 夏美Natsumi Aoyama

  • 事務

    岡村 詩子Utako Okamura

医師

小出 俊一Shunichi Koide

2013年琉球大学卒業。聖マリア病院で初期研修後、同病院救急科で後期研修開始。途中、浦添総合病院、亀田総合病院での短期研修を経た後、2019年救急科専門医を取得。2020年より浦添総合病院救急集中治療部に移動し、ドクターヘリ・ドクターカーの活動にも携わる。2022年より現職。

  • 01

    MESSAGEメッセージ

    地域に寄り添った医療で
    患者様の生活を支える

    初期研修も含め、医師になって9年間は急性期病院に携わってきました。今回10年目の転機となり、ご縁もあって村尾在宅クリニックにきました。在宅医療は新たなチャレンジとなりますが、これまで学んできたことも生かしながら、地域の皆様に寄り添った医療を提供できるよう努力したいです。仕事以外では、ギターやレコード、読書などインドア派でしたが、最近は庭で焚き火やBBQをしたり、洗車したり、農作業を手伝ったりとアウトドア寄りです。

  • 02

    RECCOMEND村尾在宅クリニックのいいところ

    完全にプライベートな時間も作れる
    理想的な働き方

    私は救急の出身ですが、在宅でのエコー、中心性脈穿刺、胸腔穿刺によるドレナージ術、鎮痛・鎮静、看取りの作法まで、培ってきたことが役立っています。日常的には末期癌患者さんの終末期医療を中心に、慢性疾患の内科的管理や薬剤調整も行なっています。オンオフがはっきりしており、オンコールでなければ完全にプライベートな時間を過ごせます。オンコールの日も看護サイドが1stコールとなるため、本当に必要な電話以外は鳴らないシステムになっています。私個人は週休3日シフトなので家族と過ごす時間が増えて満足しています。

03

SCHEDULE1日の流れ

  • 8:30

    出勤

    私は自転車が好きなので、自転車通勤を行っています。他のスタッフは自動車通勤がメインです。駐車場が広いので、特に問題なく駐車できます。私がこれまで働いていた救急指定病院は朝7時くらいには働いていたのですが、今は小さな子供たちと朝ご飯を食べたり、幼稚園に送っていく時間があるのでとてもありがたいです。

  • 8:45

    朝カンファレンス

    前日夜勤帯にどんなコールがあり、どんな対応をしたのか、全員で確認します。また、重症患者さんや、議題に上げた方がよい患者さんについて、全員で意見を出し合って方針を決めていきます。その中で、本日は訪問予定でなかった患者さんの緊急の訪問が決まったりします。

  • 9:00

    医師勉強会

    たまに、医師だけが集まり、最近の論文の抄読会などを行います。博士号のある先生方ばかりなので、研究熱心な先生が多いです。また、医師会や学会等で発表もあるので、そのスライドチェックのための予演会なども行われます。

  • 9:30

    午前の訪問開始

    一人一人をじっくり診察できるように、午前午後で3~4名ずつの事が多いです。患者さんの自宅に行き、状態把握とお困り事を確認し、血液検査や心電図、エコー検査等を行います。必要に応じて点滴加療や処方を行います。クラウドカルテを活用し、移動中の車内ですぐにカルテをまとめられ、助かっています。

  • 12:00

    お昼休み

    一度バックオフィスに戻って、軽くカルテ整理をして、お昼ご飯です。スタッフ間でバラバラに食べる事もありますし、皆で食べる事もあります。誕生日の時は全員集まってお寿司と唐揚げ、ケーキなどを皆で食べますが、スタッフも多くなってきて毎月誰か誕生日なので、月一のイベントのような感じになっています。

  • 13:00

    午後の訪問開始

    少し休んで、午後の訪問を行います。午前と同じように、一人一人しっかり診察して、何かお困りの事はないのか、自分たちにできる事が少しでもあれば、それを提案させていただきます。

  • 16:00

    バックオフィス

    再度バックオフィスに戻ってきて、カルテ整理や事務作業を行います。先輩ドクターに質問したり、教科書で調べる時間も取れるので、この時間は自己成長のためにとても大切な時間となっています。

  • 17:30

    申し送り

    本日のオンコールの医師に対して申し送りを行います。体調の悪い方や、何か呼ばれそうな方を中心に、いつ呼ばれても対応してもらえるようにしっかり送りを行います。ここをしっかりする事で、日中自分が担当していなかった患者さんについての情報が共有できるので、すぐに対応する事が可能です。

  • 17:45

    退勤

    17時以降の緊急対応はオンコールドクターが行うので、基本的に定時で帰れます。夜は家族で過ごせるのが嬉しいですし、夜間の対応はオンコールドクターに任せる事が可能なので、完全にプライベート重視な生活ができるのも魅力的です。

看護師

青山 夏美Natsumi Aoyama

看護学校卒業後、天領病院へ就職。一般外科・呼吸器・消化器の病棟で勤務。「家族と自由に過ごしたい」「家に帰りたい」という思いを持ちつつも入院生活を余儀ななくされている患者さんとの関わりを通して、在宅医療の道を目指すようになる。「すべての人に家に帰る選択肢を」の理念に惹かれ、更なる経験を積むため入職した。

  • 01

    MESSAGEメッセージ

    自分らしい生き方に寄り添う

    天領病院に8年間勤務し「家族と自由に過ごしたい」「家に帰りたい」という患者さんとの関りを通して、在宅医療の道を目指しました。自分らしい生き方に寄り添えることにやりがいを感じながら、日々患者様に接しています。休日は愛犬と遊んだり散歩したりしながら、ゆっくり過ごしています。

  • 02

    RECCOMEND村尾在宅クリニックのいいところ

    働きやすいオフィス環境と
    やり甲斐に満ちた仕事が魅力

    職場環境としては、外観も内装もおしゃれで音楽が流れる落ち着いた雰囲気の中で作業ができます。トイレが3ヶ所あるので、忙しくてバタついているときはすごく助かっています。訪看さん、ケアマネさんとの連携も取りやすいので素早く対応ができます。また、患者様やご家族様からいただく感謝の言葉を励みに日々精進しています。在宅医療ならではの知識、技術を身につけることができ、やりがいを感じています。

03

SCHEDULE1日の流れ

  • 8:30

    出勤

    これまで働いていた病院は朝が早かったのですが、今はゆっくり朝の時間を満喫できています。自宅で犬を2匹飼っているので、朝は1時間くらい散歩を楽しんでから出勤しています。ここに勤務開始してから、運動する時間もあり体重コントロールや体調管理ができるようになりました。

  • 8:45

    朝カンファレンス

    前日のオンコールドクターから、前日夜に患者さんからどんなコールがあったか申し送りがあります。必要なら朝にもう一度状態を見に行く事もあり、その日に回るルートの変更などを考える必要がでてきます。時間が大きく変わってしまう場合、患者さんに直接電話で確認しています。

  • 9:00

    訪問準備

    前日の準備に加え、再度訪問予定の患者さんに渡すための物品や薬品などを確認します。一度事務所を出るとなかなか戻って来るのが難しいので、しっかり確認する必要があります。この時間に、お世話になっている訪問看護ステーションの方が物品を取りに来られる事も多いので、患者さんの情報共有をしたりしています。

  • 9:30

    午前の訪問開始

    看護師が運転し、診療同行します。患者さん宅についたら、ドクターが話している間にバイタルの確認や、処置の手伝い、物品整理を行います。必要に応じて訪問看護ステーションやケアマネージャーに連絡し、その場で情報を共有しています。

  • 12:00

    お昼休み

    昼休みは、基本的に自由なので、犬の世話をするために一度自宅に戻ったりします。食事は買ってきて事務所で食べる事が多いと思います。麦茶とかお菓子は食べ放題なので、好きな時にいただいています。

  • 13:00

    午後の訪問開始

    少し休んで、午後の訪問を行います。午前と同じように、一人一人しっかり診察して、何かお困りの事はないのか、自分たちにできる事が少しでもあれば、それを提案させていただきます。

  • 16:00

    バックオフィス

    事務所に戻って事務作業や、往診バックの整理、補充などを行います。夜間にオンコールドクターが一人で往診に行く事が多いので、ここでしっかり補充をしておく必要があります。

  • 17:45

    退勤

    ルーティーン業務が終われば、基本的に定時で帰れます。帰ったらまた犬の散歩をしたり、最近はコロナ禍で難しいですが、友達と飲みに行ったりして過ごしています。

事務

岡村 詩子Utako Okamura

地元のクリニックで医療事務を長年経験したのち、在宅医療の存在を知り入職。在宅医療のレセプトは毎年大きく変化するため、日々勉強と成長が必要であり、そこにやりがいを感じる。利用者さま、ご家族さまの”こういう暮らしがしたい”というその人らしさを大切に、病気を持ちつつも安心して幸せな暮らしができるようサポートしたい。

  • 01

    MESSAGEメッセージ

    在宅医療ならではのやり甲斐が
    自分自身の成長の糧に

    地元のクリニックで医療事務を長年経験後、当院に入職しました。外来とは違う在宅医療ならではの経験を積むことができ、やり甲斐を持って日々の業務に取り組んでいます。医師、看護師と比べると医療事務は患者様に関わることが少なく、何もできないですが少しでもできることを増やして患者様やご家族様が安心できるよう、より良いサービスを提供したいです。休日は、ゆっくりとリラックスした時間を過ごしています。

  • 02

    RECCOMEND村尾在宅クリニックのいいところ

    医師・看護師の仕事への姿勢を
    間近で感じられる環境

    仕事の効率をよくするため、大きな画面のパソコンを購入していただき仕事がしやすくなりました。すごく嬉しかったです。「在宅治療でよかった」と思ってもらえるようなクリニックを作りたく在宅医療の知識や制度について理解を深め、日々勉強するのが私のやり甲斐です。また当クリニックにはすばらしい医師、看護師がいますのでその姿を間近で見られるのも魅力の一つです。医師、看護師とも話しやすい環境で連携も取りやすく、スムーズな対応ができます。直接的な力にはなれませんが、私なりにできる限り医師と看護師のサポートをしてクリニックに貢献できるよう努めていきたいです。

03

SCHEDULE1日の流れ

  • 8:30

    出勤

    郵便物チェックやファックスなどのチェック、前日の検査データの電子カルテへの取り込みなどを行います。

  • 8:45

    朝カンファレンス

    前日の夜のコールの内容によっては、医療事務が関わることもあるのでしっかり聞くようにしています。しかし、分からない用語も多いので、その時は後で時間のありそうな医師や看護師にこっそり聞いて勉強させてもらっています。

  • 9:00

    午前の業務

    前日の準備に加え、再度訪問予定の患者さんに渡すための物品や薬品などを確認します。一度事務所を出るとなかなか戻って来るのが難しいので、しっかり確認する必要があります。この時間に、お世話になっている訪問看護ステーションの方が物品を取りに来られる事も多いので、患者さんの情報共有をしたりしています。

    電話対応同時に5回線つながるシステムですが、全ての回線が埋まってしまうこともあります。

    レセプト業務私はこれまで他のクリニックで7年間医療事務を行ってきましたが、在宅医療のレセプト業務はとても難しいと感じています。ただ、難しい事に挑戦するのは好きなので、楽しんで勉強させていただいています。また、年に一回、クリニックスタッフ全員で「全国在宅医療テスト」というのを受けているので、知識を高める目標として頑張れています。

    物品納品点滴や針、薬などが足りなくなったらすぐ連絡して補充してもらっています。10業者以上が納品しているので、納品に来ていただいたら数を数えたりしています。

    新患紹介病院などから新患の紹介があった場合、病院やご本人様に連絡し、情報を整理します。基本的には新患を断らないクリニックなので、情報をまとめてカルテの基本となる情報を入力し、医師と看護師に報告しています。

    その他例えばパンフレット印刷だったり、ロゴの作成だったり、ホームページの改新を頼まれるので、院長の依頼を聞いて、それを業者に伝えて依頼しています。今はzoomを使用して会議を行う事が多いので、出席者の時間を調整し会議をセッティングしたりします。

  • 12:00

    お昼休み

    私は自炊派なので、自分で持ってきたお弁当を好きな時間に食べています。一人の時もありますし、誰かの誕生日の時などは皆で食べたりもします。

  • 13:00

    午後の業務

    午前の業務を引き続き行います。

  • 17:45

    退勤

    レセプト業務が忙しくなる月の始めであっても、基本的には定時に帰れます。2年毎に点数表改定があるので、日々勉強をして情報を更新する必要があり、面白いですが、大変です。

募集要項Information

  • 医師
  • 看護師
  • 事務
  • 募集職種

    医師

  • 業務内容

    訪問診療。専門科は問わず。一般的な処置可能な方。専門医優遇。

  • 採用人数

    若干数

  • 給与

    週3日 / 年収800万円〜1000万円 週4日 / 年収1100万円〜1400万円 週5日 / 1400万円〜1700万円

  • 勤務時間

    10時から勤務、15時まで勤務など時短勤務可

  • 昇給賞与

    年俸制

  • 諸手当

    時間外、オンコール手当、出勤手当、住宅手当あり

  • 福利厚生

    社会保険完備 / 学会補助費(年間最大10万円迄) / 退職金制度 / 開業支援制度 / 医師賠償制度 / 紹介会社を介さず採用に至った場合、入職お祝い金あり / 電子カルテ完備(ノートPC、iPad,iPad mini)

  • 応募資格

    医師免許

  • 専門医資格

    医師免許

  • 勤務地

    当院、もしくは患者様のご自宅(大牟田市、柳川市、みやま市、荒尾市、南関町、長洲町などに訪問診療致します。)

  • 勤務時間

    9:00~18:00(時短勤務可)

  • 募集職種

    看護師

  • 業務内容

    訪問診療の診療補助(バイタル・点滴穿刺・採血など)、カルテ整理、物品整理

  • 採用人数

    若干数

  • 給与

    基本月給24万円〜30万円+手当て、経験と実力により優遇(毎年昇給あり)

  • 勤務時間

    8:45~17:45

  • 昇給賞与

    昇給1回、賞与年2回

  • 諸手当

    通勤手当、役職手当、家族手当、時間外手当、住宅手当あり、オンコール手当、オンコール出勤手当

  • 福利厚生

    社会保険完備、退職金制度あり

  • 応募資格

    高校卒業以上、要普通免許(AT限定)

  • 専門医資格

    医師免許

  • 勤務地

    当院、もしくは患者様のご自宅(大牟田市、柳川市、みやま市、荒尾市、南関町、長洲町などに訪問診療致します。)

  • 休日

    夏季休暇、年末年始休暇、土日祝日(完全週休2日制)、有給あり

  • 年間休日

    125日+有給

  • メッセージ

    内科病棟と救急部を合わせたような忙しい職場です。元気にテキパキ働ける方、忙しいのが好きな方、一緒に働きませんか。大牟田市、柳川市、みやま市、荒尾市、南関町、長洲町などに訪問診療致します。

  • 募集職種

    事務職

  • 業務内容

    レセプト業務(一部外注)、物品管理、電話対応、物品整理、発注など

  • 採用人数

    若干数

  • 給与

    基本給 月給 16.6 万 ~ 24 万円 資格により昇給あり。

  • 勤務時間

    【平日】 08:45 ~ 17:45

  • 昇給賞与

    昇給年1回、賞与(年 2 回)

  • 諸手当

    通勤手当、役職手当、家族手当、時間外手当、住宅手当

  • 福利厚生

    社会保険完備(雇用保険、労災保険、健康保険) 退職金制度

  • 応募資格

    事務経験1年以上(医療事務以外も可) もしくは、それに同等する有資格者 真面目に熱心に働ける方

  • 勤務地

    当院

  • 休日

    夏季休暇、年末年始休暇、土日祝日(完全週休2日制)、有給あり

  • 年間休日

    125日+有給

  • メッセージ

    当院の患者様は重症患者が多く、処置や緊急出動の対応の多い忙しい職場です。 大牟田市、柳川市、みやま市、荒尾市、南関町、長洲町が医療圏となります